税理士の今後はどうなる?

税理士になってしまえば、今後の生活はずっと安泰なのではないかと感じている方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、他の職業と比較するなら、税理士という国家資格を取得している方の将来は比較的明るいと言えるでしょう。
しかしまったく問題のない未来が待っているかと言われるなら、決してそうではないようです。
税理士として開業した後は、会社との契約によって仕事をしていくことになります。
新しい会社が立ち上がると、こうした会社は税理士と契約をして、顧客となっていきます。
では近年の経済状況の中で、会社を立ち上げる件数は増えているのでしょうか?
経済が良くない中で、実は廃業する会社の方が、新規に登録する会社の数よりも多くなっています。
つまり税理士は、契約先を失う可能性の確率の方が高いということになります。
仮に契約している会社が倒産してしまえば、契約先を失うことになり、新規開拓を行う必要が生じます。
しかしすでに他の事務所と契約している会社から契約を取るのは、決して簡単なことではありません。
大きなメリットがないなら、多くの会社は同じ税理士事務所を利用し続けるものです。

Comments are disabled